2017年5月23日火曜日

エイジング

歳月を経ることで味わいが増すもの。よい酒、よい家、よい家具、よい人の顔…


0517 woman

2017年5月18日木曜日

横山大観

毎日のコメ代わりに酒を飲み、日に一升、タバコも嗜み、89歳で没(1958年)。絵は繊細な静けさと豪快な押し出しの大きさがあって、ぴーんと張り詰めて鳴るほどの気品が漂う。たぶん、そういうひとだったのだろう。


0514 Taikan Yokoyama

2017年5月17日水曜日

不機嫌な老人

日本の高齢者がキレてトラブルを起こすことが頻発しているらしい。老人といえば穏やかで、いつもにこにこ、何でも受け容れてくれる一方で、長い人生経験がもたらす深い洞察や知恵の象徴でもあったように思うのだが、そんな風景はもはや幻想になっているのか。他人事のように言ってられる年代ではないが…


               ま、いいってことよ!
0511 man

2017年5月15日月曜日

学者の風貌

映画やドラマに出てくる学者の風貌には典型的な型があって、ボサボサの髪、よれよれのくたびれた背広、冴えないワイシャツに地味なネクタイあたりがどうやら定番。町を漂浪する極まった人たちとの違いは、どこか世間離れした物腰に、侮りがたい風韻が漂うところだろうか。「普通ではない」「特殊な価値観をもつ」別世界のひととして描かれる点では作家、芸術家なども同じカテゴリーで、共通点は対人接触スキルの低さからくる異質感がポイントとなる。最先端のおしゃれに身を包み、風貌さわやか、笑えばまっ白な歯がこぼれるというのでは絵にならないのだ。
実際の学者は、もちろんこういう典型さんもいるだろうがたぶんごく少数で、多くはコミュニケーション能力の高い、人当たりの柔らかい、ごく普通の「隙のない」紳士淑女が多いことだろう。
異物は沈潜というのが今日の結論。


0428 a scholar

2017年5月10日水曜日

霧のなか

昨夜からの雨も先ほどあがって、山はまっ白な霧の中に沈んだ。鶯の声だけが遠くで聞こえる。


0427 Japanese woman

2017年5月9日火曜日

おっ母

畦道で一休みする母の胸元から漂ってくる汗の入り混じった甘酸っぱい匂い。当時、乳離れしていてもあの匂いを嗅ぐともういけない。胸に飛び込んでいきたくなる衝動があった。あれがきっとフェロモンというものだったのか。


0425 a mother

2017年4月28日金曜日

蜷川幸雄

亡くなってそろそろ一年。2016年5月没。80歳。


0424 Yukio NInagawa


2017年4月26日水曜日

外科医

長い手術になると10時間を超える。その間、食事やトイレはどうするのだろう。これほど長時間に渡って緊張を強いられる仕事はそうない。将棋の名人戦はそれぞれが9時間ずつの持ち時間で、2日かけて行われる。対局中は適当に休憩したり、気晴らしをすることも自由だが、外科医の場合はそうもいかない。長い手術でも、難所もあれば比較的楽にさばけるところもあるはずだから、そういう山や谷の間で、うまくテンションを上げたり緩めたりしているのだろうか。いずれにしても体力・精神力が問われる過酷な世界だ。


0411 surgeon

2017年4月25日火曜日

浅丘ルリ子

市井に埋もれることができない容貌。周りが放っておかない。20代の頃の彼女の輝きを知らない年代だが、その頃は映画が全盛期、彼女を観るために映画館に行った男たちも多かったことだろう。遠くから眺めていたい花だが、あんまり近くには…と思わせるような異質感がある。1940年生。


0411 Luriko Asaoka

2017年4月13日木曜日

ひんやり

そろそろストーブをしまいたいのだが。これが最後の冷え込みと天気予報。


0408 woman

2017年4月12日水曜日

キセキレイ

いつもこの時期になると顔を見せるキセキレイ。お気に入りの場所が隣地の屋根の上のテレビアンテナ。今年は寒気のせいか、なかなか現れず半ば諦めかけていたが、今朝来た。しばらく囀って、やがて飛び去るが、日に何度もアンテナの上に留まって美声を聞かせてくれる。
いま、友は手術室のなか。きっとうまくいくだろう。


0406 man

2017年4月10日月曜日

雨あがる

金曜、土曜、日曜ずっと雨。雨のあいだに桜が咲いた。今朝は雨あがる。冷えが戻る。


0405 man

2017年4月7日金曜日

山崎努

何を演じてもコクがある。テレビなどにゲスト出演しないのも好ましい。現在80歳。


0404 Japanese actor Tsutomu Yamazaki

2017年4月5日水曜日

手のひら返し

先週いっぱいは陽射しが恋しかったが、今週は昼間の外歩き、日陰のほうが涼しくて心地よく感じる。あと10日もしたら、暑さにぼやくことになるのだろうか。木蓮、コブシなどの花はいまが盛り、冬を越した野鳥たちも、花の蜜が舐められてほっとしていることだろう。一方、丹那の山のソメイヨシノはまだ蕾。日ごとに枝が赤く膨らんで、たぶん今日にも数輪開花といったところ。一番暖かい冬だったと思っていたら、桜は一番遅い春になった。


0330 man

2017年4月4日火曜日

引っ越し

再来週にさらに山の上に引っ越す。現在せっせと断捨離中。そんな時、昔の記憶再生につながるようなモノまで捨てるとボケるリスクが高まる、という話を読む。あまりにスッキリさせてしまうと、脳への刺激が減ってよくないそうだ。他人には無価値でも、自分にとっては思い出のモノというのがかなりあって、これを捨てると記憶への手がかりを失うことになる。
いったん紐で縛ったモノを解いて、また残し…こんなことでは作業が進まない。困ったことだ。


0328 man

2017年3月30日木曜日

丹那の春遅し

今年は春の足取りがゆっくりで、なかなか冷えが緩まない。箱根の山には雪がつもってまっ白。桜の蕾もまだかたく、やっと木蓮、コブシの花が開きだしたところ。「待っているものは遅く来る」というのは言えている。待ち始めると時間の経過に気が行って長く感じる、ということなのだ。しかしそれにしても遅い。


0327 man

2017年3月29日水曜日

橋爪功

関西人(大阪出身)とは意外。ドリフターズの仲本工事と高校の同級生というのも意外。


0323 Japanese actor Isao Hashizume

2017年3月27日月曜日

モーガン・フリーマン

1937年生まれ。アメリカ映画界を代表する顔のひとり。


0318 Morgan Freeman

2017年3月24日金曜日

2017年3月17日金曜日

サプライズ

突然起きることで悪い出来事はいっぱいあげられるが、その逆は少ない。何十年ぶりかで懐かしい顔にばったり、というのは聞く話だが、自分を振り返ってそんなサプライズな予期せぬ再会というのは何本も指を折れない。「えー、そんなにするの!」勘定見てびっくり、というのは多いが…


0225 surprise
0301 surprise (poster color and bamboo pen)

2017年3月9日木曜日

不器用者

竹ペンは竹を削っただけの素朴極まりない道具で、ペン先に割りを入れ、インク溜まりの穴を穿っている。木炭と違って先が尖っていて硬く、万年筆のようなペン先の腰もない。まったく融通が効かない点が面白いといえばいえる。インクはポスターカラー、アクリル、墨など、いろいろ使えるし、濃淡はつけられる。木炭との組み合わせもありそうだ。


0215 poster color and bamboo pen

2017年3月3日金曜日

浮気

新しい材料を試みる。今回はポスターカラーと竹ペン。同じ題材を木炭とポスターカラーで描き分けてみた。たまにはこういう「浮気」も気分が変わってよいと思った。


0212 charcoal

poster color

2017年3月2日木曜日

春はもやもや

今週は気分がもやもやする。もやもや、としかいいようがない。思春期が来たのか?


そういうことはあるかもしれん!

0215 man

2017年3月1日水曜日

窓辺

もう3月か。今日から3月か。回る回る時代は回る。


0214 by the window

2017年2月27日月曜日

黒髪

黒髪の むすぼれたる 思ひをば 解けて寝た夜の 枕こそ ひとり寝る夜の 仇枕 (地唄「黒髪」より)


0212 black hair

2017年2月24日金曜日

温泉にて

栗原一郎氏のデッサンに想を得て描いた「温泉にて」でした。


0211 hot spring

2017年2月23日木曜日

戸浦六宏

京大卒、英語教師を経て役者に。大島渚とは大学の同窓で、多くの大島作品に出演する。目の周りが隈取ったように暗く、その翳りが独特の風貌となっている。1993年没。62歳。


0210 Japanese actor Rokkoh Toura

2017年2月22日水曜日

米倉斉加年

劇団民藝で活躍。純粋でナイーブな役柄がよく似合った。絵本作家、画家でもあった。2014年没。80歳。


0209 Japanese actor Masakane Yonekura

2017年2月21日火曜日

曾我廼家名蝶

藤山寛美、渋谷天外らとともに松竹新喜劇に参加。のち退団、以降フリーで映画、テレビに出演。山崎豊子作品の常連で、アクの強い関西の旦那や商人がはまり役だった。1999年没。90歳。


0208 Japanese actor Meicho Soganoya

2017年2月20日月曜日

西村晃

劇団青俳設立メンバーのひとり。水戸黄門役では東野英治郎とは一味違う新たな光圀像を演じ、人気を得る。われわれ世代は副将軍が「ちょっと軽くなった」不満があったが…。上品な顔立ちながら、水戸黄門以前は悪役が多かったそうだ。1997年没。74歳。


0207 Japanese actor Koh Nishimura

2017年2月17日金曜日

2017年2月16日木曜日

石山健二郎

新国劇出身。つるつる頭、猪首、ぎょっとするほどの押し出しの強い風貌はまさしく親分。「やくざ坊主」「極悪坊主」「ごろつき」などの任侠映画や時代劇に多数出演。1976年没。72歳。


0203 Japanese Actor Kenjiro Ishiyama

2017年2月15日水曜日

加藤嘉

痩身、甲高い声、ふがふがしたセリフ、などが特徴で、出演シーンは少なくても強い印象を残す俳優だった。“風変わりな老人”というイメージが強いが、例えば「白い巨塔」の大河内教授役のときはまだ65歳、意外に若い。昔の60代は風格があったということか。1988年没。75歳。



0202 Japanese actor Yoshi Kato

2017年2月14日火曜日

小沢栄太郎

俳優座の創設メンバーのひとり。政治家、黒幕、大学教授など、金と権力を巡る陰謀の世界には欠かせない脇役だった。表情も声も演技も、このひとにかかると、腹黒さに磨きが入り、テレビ時代劇で嫌われ役を演じた際には、あまりの憎々しさに、視聴者から抗議がきたこともあるらしい。1988年没。79歳。


0201 Japanese actor Eitaro Ozawa

2017年2月13日月曜日

中村伸郎

劇団文学座の創立者のひとり。三島由紀夫の戯曲や別役実の芝居など、舞台俳優として活躍した。田宮二郎主演のテレビドラマ「白い巨塔」では、東教授がはまり役で、知的で繊細、品位ある演技が光った。青年時代は画家を志していたそうだ。1991年没。82歳。


0131 Japanese actor Nobuo Nakamura

2017年2月12日日曜日

志村喬

黒澤映画の代表的な顔のひとり。「生きる」「七人の侍」などが代表作。兵庫県出身。1982年没。72歳。


0131 Japanese actor Takashi Shimura

2017年2月11日土曜日

ぎっくり2日目

寝返りもうてない。風呂から出てすぐだったから、冷えで筋肉が硬くなっていたということもない。重いものも持っていない。腰に疲労がたまっていた?覚えなし。わけがわからない。こういう理不尽は、年齢のせいにするしかない。


0130 It does not make sense.

2017年2月10日金曜日

やってしまった…

ぎっくり腰。昨夜、風呂あがりに前かがみになった瞬間、稲妻。ほぼ10年ぶり。前回よりも軽いが、解せないのは、こういうことにならないよう腹筋や柔軟を毎日のようにやっていたにも関わらずである。それがショック。昨日は朝起きたときから、軽い頭痛と腰痛で、これは低気圧通過(小雨と小雪が降る)のせいだと思っていた。いま思えば予兆だったのか。出来の悪いロボットのような歩きでしばらく過ごすことになる。

箱根の山がアルプス並みに真っ白。


0128 Aramaki salmon(solted dried salmon)

2017年2月9日木曜日

天城越え

誰かに盗られるくらいなら あなたを殺していいですか
寝乱れて隠れ宿 九十九折り 浄蓮の滝
舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに
あなた・・・やまが燃える
なにがあっても もういいの
くらくら燃える 火をくぐり
あなたと越えたい 天城越え 作詞 吉岡治 「天城越え」より

越えてはならない一線を踏み越えようとする男と女。男はどうやら不実、または迷いがあるが、女は燃え盛る情念の炎に身を投じる覚悟が定まっている。いよいよとなれば「男は二の足、女は駆け足」というのは、歌や芝居、小説などの世界でのひとつの型のようでもある。


0126 Japanese woman

2017年2月8日水曜日

大谷直子

10年前、悪性リンパ腫で余命3ヶ月の宣告を受けるも、その後の治療が功を奏し奇跡的に回復、銀幕復帰も果たした。その外見からも芯の強さが伝わってくる女優さんだ。


0126 Japanese actress Naoko Ohtani

2017年2月7日火曜日

視線 line of sight

こういう視線を女性の様式美としているのは日本だけではないかと、ふと思いつつ。



0125 Japanese woman

2017年2月3日金曜日

冬景色

近くに梅の木がたくさん植わった公園がある。いま紅梅が真っ盛り。品種によっては白梅もほころんでいる。冬の空は遠くまで青く澄んで、富士山の左肩には、南アルプスの稜線も見える。陽当たりの良い土手道には「イヌノフグリ」が咲いている。


0123

2017年2月2日木曜日

危険な遊び

昭和30年代のこどもは、いま考えるととんでもなく危険な遊びもしていた。
1)石合戦…河原などでふた手に分かれ、小石を投げて敵を倒す。川を挟んでやるとか、互いの陣地を離すなどの工夫はあったが、石は敵をめがけて真剣に投げていた。怪我人がいなかったのが不思議。
2)天然スケート…池に氷が張るとスケートリンクになった。もちろん念の為に土手から小石を投げて氷の厚みを確認。陽当りのよいところは氷が溶けかかっているような池だから、もとより大した厚みはない。割れて落ちたら冷たいだろうな、程度の認識だった。大人は誰も止めなかったのだろうか。
3)崖下り…岩場の崖(かなり垂直に近い10mほどの崖)をロープなどの道具なしに度胸だけで下る。小学生が高学年になる時の通過儀礼みたいな感じ。下が小さな湿地になっており、落ちてもクッションになるだろうと思っていた。

無事におとなになれてよかった…


0124